九産大コラボ~パズルで遊んだ日

こんにちは。ルームズ藤崎です。

先日、九州産業大学の青木先生よりいただきましたパズルですが、「デザインを商品化しよう」・・の回のために、練習で描いた試作品がベースになっています。


パズルは、試作品そのものを厚く硬い紙に貼り付け、その上からコーティングしているので、本当のパズルのようにしっかりした感じの質感があります。
パズルを作っていくと、そこにだんだんと子ども達が伸び伸びと描いた絵が現れてきます。

単に鑑賞するよりも、じっくり見ることができて、ここってこんな風に描いたんだ・・とか、この色かわいいな・・とか、新たな発見がありました。

私たちは、子ども達の自己効力感、やればできる・・という感覚を伸ばしていきたいと願っていますが、自分が描いた絵で他の子ども達が楽しそうに遊んでくれる、自分が描いたものが別のプロダクトになる・・というような活動を通じて、みんなに認められている・・という心理的な心地よさを感じ、やればできるという感覚や自信を伸ばしていってほしいと思っています。

 

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る